野菜ソムリエ篠田彩子さんに聞く
エリンギ

キノコ類の中でもここ数年で特に人気が出てきた食材。味にクセがなくて、歯ごたえも良く、どんな料理にも取り入れやすいのが人気の理由。今の日本の食卓には欠かせない野菜の一つになりつつあります。


栄 養

ビタミンB群、アミノ酸、食物繊維を豊富に含むのが特徴。エネルギー量が少なくて、美肌や、便秘解消などのデトックスに効果的なので特に女性に人気。

 

旬・選び方

ほとんどがハウス栽培のために通年、美味しく出回っている。軸がしっかりと太く弾力があるものがハリとツヤがしっかりとあるものが良品。

 

保存のしかた

湿気をきらうので、水にふれることなくポリ袋に入れる、またはラップに包み、冷蔵庫の野菜室で保存。乾いていれば長いこと保存が可能。

調理法

和洋中のどれにでも合う嬉しい食材。水で洗ってしまうと風味を損ねることがあるので、汚れた部分をぬれたキッチンペーパーなどでふき取る程度でOK。

野菜ソムリエ篠田彩子さん

2児の母として、育児を通じて改めて食の大切さを感じる日々を過ごしながら、

野菜ソムリエのとしての活動を行う。
「野菜のパワー」の素晴らしさを多くの 方々に知ってもらうべく、情報発信中。


キノコとエビの中華炒め
材 料

エリンギ…1パック

マイタケ…1パック

エビ…200g

コマツナ…5房

酒・片栗粉・塩(エビの下味用)…少々

ニンニク…1片

ショウガ…1片

長ネギ…1/4本分

 

《合わせ調味料》

酒…大さじ1

醤油…大さじ1

砂糖…小さじ1/2

オイスターソース…小さじ1

ゴマ油…適宜


作り方

1.エビは背ワタを取り、酒・片栗粉・塩をもみ込んでおく。

 

2.エリンギは石づきを切って半分に切り、4~5枚にスライスする。

マイタケは石づきを切って、一口大の大きさにさく。

 

3.コマツナは5~6cmの大きさに切る。

 

4.ニンニク・ショウガ・長ネギはみじん切りにする。

 

5.中華鍋を熱して油を入れ、中火でゆっくりとエビを炒め、器に出す。

 

6.油を加えて6を炒める。香りが出たら、キノコ類2を加えて軽く炒める。さらに、エビとコマツナを加えて炒め合わせる。

 

7.最後に、合わせ調味料を炒め合わせ、ゴマ油をかけてできあがり。